English
お問い合わせ
サイトマップ
トップページ  >  「揚げたてちゃん号」活動レポート

「揚げたてちゃん号」活動レポート


「おいしい感動」をお届けしました。
揚げたてちゃん号

 2012年1月27日 福島県南相馬市立原町第三小学校 (場所:原町第三小学校体育館)


南相馬市内の小学校で最後となった原町第三小学校で出前授業を行いました。当日の体育館は、前日までの晴天とは打って変わり、雪がちらつく中でしたが、フル稼働した4台の暖房と、212名の児童の皆さんと先生方、そして当社スタッフの熱気で、体育館はとても温かく賑やかな学習の場となりました。揚げたてちゃんでは、揚げせんべいの「ふわっと」を実演していますが、今回は実際に工場で「ふわっと」を担当している社員も参加しました。「みんながおいしいと言ってくれたのが嬉しく、これからもおいしい製品を作っていきたいと思います」と話していました。 この出前授業を通して、南相馬市内の全16校1,615名の児童の皆さんと触れ合うことができました。子供たちを元気づけようと考えて始めたプロジェクトでしたが、むしろ私たちの方が多くの元気と気づきを得る機会になったように感じています。また、子供たちこそが、復興の起点であり、その無限の可能性を確信するとともに、私たち一人ひとりが何をするべきなのかを考える機会ともなりました。これまでも、そしてこれからも、「お客様においしい笑顔をお届する」ことを続けていこうと実感したプロジェクトでした。
結びになりますが、このプロジェクトの意図をお汲み取りいただき、ご支援、ご協力を頂きました、南相馬市教育委員会、学校関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
 

 2012年1月26日 福島県南相馬市立原町第一小学校 (場所:原町第一小学校体育館)


マーチングバンド部「H-Seeds」が全国大会に出場したことで有名な、原町第一小学校の児童の皆さん220名と、おせんべい工場の出前授業を行いました。前日、大雪の降った新潟とは対照的に、快晴の南相馬市の子供たちは、元気いっぱいに授業に参加してくれました。「おせんべいは何からできているの?」「これは何味の粉?」と熱心に質問しながら、口いっぱいにおせんべいをほおばる児童の笑顔が印象に残りました。原町一小の皆さん、「おせんべいのヒミツ」はわかりましたか?

*余談ですが、スタッフが宿泊したホテルに、原町一小に通うお子さんのいる方が働いていて、「とても楽しみにしていましたよ」と話しかけて頂いたときは、またひとつ南相馬市の皆さんとの「ご縁」ができたなと感じました。
 

 2011年11月22日 福島県南相馬市立鹿島小学校 (場所:鹿島小学校体育館)


今回は、鹿島小学校、小高小学校、金房小学校、鳩原小学校合計362名の児童の皆さんに体験学習をしていただきました。寒さが厳しくなり始めた時期での授業でしたが、こちらが挨拶すると大きな声が返り、製造工程のビデオを見た時には歓声が上がりました。体験中も様々なおせんべいに興味津々といった様子でとても元気な姿でした。「焼きたて君」では自分で味付けしたおせんべいを大事そうに持ち、食べるのを楽しみにしながら友だち同士で話していました。児童の皆さんにも楽しんでいただき、こちらも元気をいただくことができました。  

 2011年10月19日 福島県南相馬市立上真野小学校 (場所:上真野小学校体育館)


上真野小学校は、現在石神第二小学校と一緒に授業を行っています。当日は、291名の児童の皆さんができたてのふわっとやおせんべい、おかきを試食し、「焼きたて君」での味付け体験では、自分で初めておせんべいを味付けしたことに感激していました。おせんべいを揚げる瞬間を見て「わー!」「すごーい」「面白いね~」と驚き、「味しらべ、知ってるよ」「おいしいよね」とおいしそうに食べてくれる皆さんの姿に、弊社の社員もみんな元気をいただきました。  

 2011年9月27日 福島県南相馬市立八沢小学校 (場所:八沢小学校体育館)


八沢小学校は、近隣の6校が集まって授業を再開しています。当日は、午前9時から1・2年生118人、午前10時から3・4年生133人、午前11時から5・6年生171人と3部に分かれて、「おせんべいのできるまで」のビデオを見ていただいたあと、「揚げたてちゃん」での実演、「おせんべいバイキング」でのいろいろなおせんべいの味体験、初お披露目となる「焼きたて君」での味付け体験をしていただきました。弊社の社長も初参加したのですが、児童の「楽しみで早起きしちゃった」「また来てね」「お母さんに買ってもらうね」という声に、顔をほころばせていました。  

 2011年7月11日 福島県南相馬市立石神第一小学校 (場所:前川原体育館)


東北地方が梅雨明けし、暑い中、教室となっている体育館で、72人の児童の皆さんが「揚げたてちゃん号」を待っていてくれました。「このおせんべい、知ってる」「おいしいよね」といった声があちらこちらで上がり感激。揚げせんべいにもおかわり続出でした。授業の最後に行った質問コーナーでは児童の皆さんが積極的に手をあげてくださり、二重、三重に感激しました。  

 2011年6月14日 福島県南相馬市立真野小学校 (場所:万葉ふれあいセンター内農村環境改善センター)


36人の児童の皆さんに「キャリア教育」の一環として、おせんべいのできるまでやおかきとおせんべいの違いなどをご紹介しました。真剣に耳を傾けてくださるのが印象的でした。「揚げたてちゃん」での実演では、一瞬でふわっと揚がるおせんべいの様子に、児童の皆さんから「すご~い」「おせんべい、揚げるの初めて見た~」など、大きな歓声が上がりました。